コストン太郎のスケートボード情報館

スケートボードを愛する男です。日本のスケボーに関する全てを語ります。

スケボーは危険。いいとこ見せようとしたら足首ブリョン!になった話

f:id:kostontaro:20180826111457p:plain

今日は一段と暑いですね。こんな日は室内パークにでも行って~といいたいところですが行く気力もなくなります。

 

こんちにわ。コストン太郎(@kostontaro)です。

 

見ておけ息子よ

今日は仕事も休みでスケボーができる日なんですが、暑すぎて出かける気力もなくなってたんですね。ということでサクッと2.30分だけ家の前で滑ることにしました。その際一人では寂しすぎるので息子を無理やり連れだすことに。

 

「フフフ、息子よカッコイイとーちゃんのトレフリップを良く見てギャー!!!」 

f:id:kostontaro:20180826111553p:plain

 

5分で終了しました。

 

真夏のアスファルトは危険

真夏のアスファルトは経験上なぜかグネる確率が高いです。高温でアスファルトが柔らかくなり、摩擦が減るからでしょうか。

 

経験上わかっているにも関わらずグネッたのは、2.30分程度なら大丈夫だろう、という完全な過信です。氷を乗せた足より一人悶え苦しむ僕を見る息子の目が一番冷たかったですね。

 

まとめ

基本的にスケボーは危ない遊びです。そしていいトコ見せようとしてやると大体失敗します。いいトコ見せようとしていいトコが見せれるのは、才能がある選ばれた人間だけです。

 

そんな基本を忘れてウォーミングアップなしに柔らかいアスファルトの上でトレフリップをしようとした僕が怪我をするのは必然です。皆さん気を付けましょう。

 

これ一発で数か月はデッキの上とはおさらばです(悲)

  

スポンサーリンク